クリーンディーゼルエンジンとは粒子状物質や窒素酸化物などの排出を極限まで少なくした、次世代のクリーンなエンジンです。

車種について

車種について
車種について

クリーンディーゼルとは

エコカーという言葉が今も世間を賑わせています。
いわゆる「ハイブリット」カーは相変わらず人気がありますが、「クリーンディーゼル」も今注目を浴びています。
ディーゼルエンジンというのは昔から馴染みがあり、トラックなどは当たり前、乗用車でも昔はディーゼルエンジンがけっこうありました。
ディーゼルエンジンは故障が少なく、始動に電気を使わず、燃費に優れていて、力もあることからよく使われていましたが、排出ガスの環境汚染が心配されるようになってから、ディーゼル車は敬遠されるようになっていました。
そんな中でも海外の自動車メーカーではこのディーゼルエンジンを改良し、環境に適合したエンジンを開発してきました。
その結果、問題となっていた粒子状物質や窒素酸化物などの排出を極限まで少なくすることに成功しました。
昔のような黒煙が上がることはめったにありません。
しかも力強いトルクを得ることができ、ガソリンエンジンと比較して約30パーセント燃費をよくすることができ、さらに安い軽油を使うことで走行コストを減らすことができます。
海外ではベンツやBMWなどがいち早くクリーンディーゼルを取り入れ成功しました。
日本でもようやくマツダがCX−5を発表すると、この車が大人気となりました。
今では三菱や日産もクリーンディーゼル車を投入するようになっています。
エコカーの車種も多様化しています。
今後どんなエコカーが登場するか注目したいところです。

注目度がUPしている車種。このホムペをブックマークしましょう