軽自動車はいろいろな優遇制度がありますが、メリットとデメリットを慎重に考えて購入するようにしましょう。

車種について

車種について
車種について

軽自動車に関して

多様化した車種を選ぶにもいろいろあって迷ってしまいますが、今の時代、軽自動車の人気は衰えを見せません。
軽自動車というとひと昔前は、狭い、危ない、力がないなどの理由で敬遠されることが多かったものですが、今は広い、安全、力もあるというように大きな進化を遂げたため注目が集まるようになったのです。
購入価格が安いというのはもちろんですが、税金などの面でかなり有利です。
例えば自動車税は1000CC以上の普通車クラスでは3万円から4万円近いのに対し、軽自動車は7200円とかなり安く、また自動車税も普通車12600円に対し軽自動車は8800円となっています。
自賠責保険料も普通車は2年で3万円前後なのに対し、軽自動車は13260円と半値以下です。
エンジンが小さいですから燃費も良くガソリン代も安く済ませることができます。
車両も小回りが効き、道が狭い日本の道路事情に合っているとも言えます。
おまけに高速料金まで軽自動車は安く設定されているのです。
普通車と比べてこんなに多くの優遇やメリットがあるのですから軽自動車の人気が衰えないのもうなづけます。
性能的に軽自動車は普通車とほとんど変わらないレベルになったということで実は今、軽自動車税の見直しが行なわれています。
7200円というのは確かに今の時代安すぎる?のかもしれません。
軽自動車とは思えないほどの乗り心地や装備を備えているものも多くなっていて、価格も普通車並みです。
軽自動車のメリットとデメリットをよく考えて購入するようにしましょう。

注目度がUPしている車種。このホムペをブックマークしましょう