フィットHVは居住性や装備、燃費などでアクアを上回っています。

車種について

車種について
車種について

アクアVSフィット

今の車は多種多様化しているのでどんな車がいいのか、車種選びに悩むかもしれません。
とりあえず今街の中でよく見かける車に注目してみましょう。
何といっても今ハイブリット車が人気です。
少し前はトヨタプリウスが独占状態のようになっていましたが、トヨタはそれに加えてさらにコンパクトに進化した新型車アクアを発売しました。
もちろんハイブリット車で燃費はリッターあたり35キロという驚くべき数値、価格も100万円台後半と求めやすく、これまた大売れの車になりました。
パステル調の青やオレンジという大胆なカラーも人気を集めました。
これに対抗してホンダもつい最近新型フィットハイブリットを発表しました。
かつては大衆車トヨタカローラの販売台数を抜き去った実績のあるフィットを満を持して登場させたわけです。
ハイブリットシステムを改良してアクアを上回るリッター36キロを達成、デザインも一新して流れるようなフォルムを残しながらも居住性をさらに拡大させました。
この人気の2台を実際に比べてみると車両価格や燃費の差はほぼ同じといっていいのですが、居住空間や装備はフィットのほうが上回っているといえます。
背の高い人がフィットに乗っても運転席や後席には余裕が感じられるのに対して、アクアは後席の狭さが否めません。
最近注目されている「車をぶつけない、ぶつからない装備」もフィットはオプションでつけられますがアクアにはありません。
もちろんフィットはあとから出た車ですから、いいのは当たり前ですが、今後も改良を繰り返して争いを続けていくことでしょう。

注目度がUPしている車種。このホムペをブックマークしましょう